• 2018.11.05
  • 新着記事
  • 病気ではない白髪の予防。インド医学で立証された予防法 はコメントを受け付けていません。

病気ではない白髪の予防。インド医学で立証された予防法

白髪を予防したいと考えていますか?

白髪予防には、何が一番いいのでしょうか。そもそも、白髪は医学的に対策がありません。自然な老化現象であり、病気とは異なるのです。では、白髪対策・白髪予防に効果的な方法はないのでしょうか。実は、アーユルヴェーダ(インド伝統医学)によって、健康法が提唱されており、医師のお墨付きもあります。白髪予防について、簡単な方法をみていきます。

 

 

ゴマ油うがい!

 

結論を知りたい方のために、タイトルにもう書いてしまいましたが、ゴマ油うがいが最強なのです。ゴマ油うがいとはなにか?市販のゴマ油を熱して、自然に冷やし、1日1回、うがいするだけでいいのです。

 

では、ゴマ油うがいのための作り方と、やり方をみていきます。

 

【ゴマ油うがいの作り方】

  1. 市販のゴマ油を買ってくる(白ゴマ油がおすすめ)
  2. 自宅にある保存容器ではかる
  3. 2を鍋に入れて90度に熱する
  4. 90度になったら火からおろす
  5. 自然に100度にあがるので放置する
  6. 冷めたら、容器に移す(ろうとを使う)
  7. 3ヶ月間、毎日うがいする

 

【ゴマ油うがいのやり方】

  1. 白ゴマ油を口にふくむ(15ml程度)
  2. 上をむいてガラガラうがいする
  3. 顔をおろしてクチュクチュとうがいする
  4. ティッシュに吐き出して処分する

 

こんな感じです。わかるでしょうか?

 

インド伝統医療のアーユルヴェーダ仕込み

 

これ、医学的な根拠はあるのかな?って思ってしまいますよね。白髪予防の効果がなければ、意味がありませんから。実は、インド伝統医療のアーユルヴェーダ仕込みの伝統療法なのです。そして日本の医師も実践しています。マリハシ南青山プライムクリニック院長の蓮村誠先生が、実際に医療の現場でお使いになっているそう!

 

蓮村先生は、アーユルヴェーダの専門医。その蓮村先生が長年、アーユルヴェーダを研究し、インドに伝わる伝統療法を実践したものなのです。

 

どういう理屈でゴマ油うがいが白髪予防にいいの?

 

では、ゴマ油うがいはどういった理屈、および根拠で、白髪予防にいいのでしょうか。それは、アーユルヴェーダというのは人間のエネルギーをみっつにわけているんですね。

 

・ヴァータ(風)

・ピッタ(火)

・カパ(水)

 

この3つとなります。年齢によって、この3つのエネルギーがバランスを変えて人間の成長や老化をつかさどっていると考えるのです。そして、個人の個性も、この3つのエネルギーの分布で異なってきます。だから、ひとりひとり個性があり、体調が異なるというわけです。

 

ちなみに、アーユルヴェーダ専門医、蓮村先生によると年齢でざっくりわけると

 

・~25歳→カパ

・25~50歳→ピッタ

・50歳以降→ヴァータ

 

が優勢になるそう。

 

白髪は、このヴァータに働きかけることで予防できると考えるのが、インド伝統医学の考え方なのだそうな。

 

アーユルヴェーダのヴァータって何?

 

 

では、ヴァータはどのようなもので、ゴマ油うがいや白髪予防とどう関係あるのか、確認していきましょう。

 

そもそもヴァータは、風の性質です。

体の中で栄養を運んだり、排泄したり、体内に吸収したり。このヴァータが体内で優勢になった50台以降は、老化現象が起きます。なぜなら、骨および血管がもろくなり、水分量が減って肌が乾燥してしまうからです。

 

つまり毛髪のトラブルも、このヴァータが優勢になることで、老化現象が起きてしまうのですね。

 

ゴマ油うがい、飲んじゃダメ?

 

これは看護師クー子の個人的な意見になりますけど、ごまってそもそも、日本の伝統的な白髪予防でもあるじゃないですか。だから、ゴマ油を飲むというか、ごまを食べることそのものは、白髪予防に効果的なんじゃないかなって私は考えます。

 

実際、私も日々のクリニック勤務で、高齢の患者様と接することがあるんですけど、実際にごまを食べることで半年後には、あんなに白髪があったのに…ということ、たまにあります。ただ、ごまってとてもカロリーが高いんですよ。だからパラパラ、がいいですね。

 

それに加えて、ゴマ油ですから、飲んだら大変なカロリーです。こちらの栄養計算サイトによると、大さじ1杯で130キロカロリーありますから、15mlならおにぎり1個と同じぐらいになります。

 

だから飲まないほうが良いですね!飲むことはいたずらに摂取カロリーを増やしてしまいます。うがいにしましょ、うがいに。

 

実際の効果は?

 

薬機法のからみがありますので、効果効能はうたえないのですけど、蓮村先生ご自身が、15歳から若白髪に悩んでいたそう。そしてゴマ油うがいを続けた結果、黒々とした髪をなさっています。

 

ただ、このマリハシ南青山プライムクリニックは、2018年11月に閉院するとのことです。それでも、蓮村医師がアーユルヴェーダ医療を続けることには違いありませんから、ゴマ油うがいの情報はこれからも看護師クー子が白髪チャンネルで精力的に発信していきます!

 

また、クー子のおすすめ白髪予防はカイセイ堂さんの『ミレットリッチ』と『ブラックアップ』!なんとツバメの巣配合でリニューアルされたんだとか。何はさておき、ゴマ油うがい、やってみましょ!

 


コメントは利用できません。

関連記事


白髪サプリランキング


おすすめ記事

運営者紹介

  1. 白髪改善をサプリで?看護師の私が実践するとっておきの方法

    こんにちは。熊本県出身の看護師クー子です。私は現在50代。看護師はもう30年になりますし、病…